よく読まれてる人気記事

1
失敗しない為に!ビルメンに転職するなら登録するべき転職サイト3選

転職をする際のサイト選びは効率が非常に重要です!なぜならより自分に合った会社を見 ...

2
ビルメン転職で失敗しない!その為に抑えておきたい3つのポイント

さてビルメンに転職するか→ハローワークへGO...これ爆死パターンです。ちょっと ...

ブラック企業 社畜 3
必ず辞めると決断する事!ブラック企業の辞め方と準備について

今まさにブラック企業に働いてるって人も沢山居ると思うんですが...悪い事言わない ...

30歳でブラック企業からビルメンに転職、現在転職3年目、現役のビルメンテナンス会社で働いています。

このブログは「ビルメン最高だぜー!!」とか「みんなビルメンやろうぜ!」とかそう言った事じゃなく(むしろ無理にビルメンとかやる意味無い)

僕がブラック企業からビルメンに転職して精神的にも肉体的にも負担が少なくなったので、その経験を元にビルメンの良いところや嫌な所をつらつらと書いて行こうと思ってます。

今仕事をしていなかったり、いわゆるブラック企業に努めていて環境を変えたいと思ってる人はちょっと読んでもらいたいですね、「時間」や「休日」が当たり前にある生活に戻って3年経ちますが...いかに自分が異常な環境に身を置いていたかが分かりますw

偉そうにビルメン!ビルメンと言ってますが、ビルメンテナンスの技術者としては駆け出しですので大きな事は言えません、ですが自分が体験した事、わかる事の範囲で書いていきたいと思ってます。ビルメンの仕事に興味を持ってる人の参考になればと思います。

 

ブラック企業で働いていた頃

ブラック企業 画像

ちょっとだけ昔の職場環境の話を。以前は大手小売業で働いていましたが...年間休日は約40日、たまの休日も朝から晩までガンガン職場からの電話が鳴りますw

クレーム対応に今から店に来いとかバイトが休みだから今すぐ来いとかそんなんザラです。

一応就業時間は8時間でしたが、朝の8時に出勤して夜の12時とか当たり前、多い時は1ヶ月400時間位会社に居たと思います、残業代は給料に込みなのでありません(ブラック企業あるあるですよね)

そんな生活を4年程続けましたがさすがに体を壊しました、ストレスから眠れず常にイライラしていました。不整脈や睡眠障害、あと円形脱毛とかもう色々引き起こして流石に退社しましたw結構有名な会社だけど中身は散々で社員を酷使するのは常態化してましたね〜。

そこで退職した後に転職したのがビルメンテナンスの仕事でした。全然畑違いの仕事でしたが、自分の時間が持てる事、国家資格を取得しながら働けるのが魅力的でしたね。

金<時間でしたので正直ビルメンじゃなくても良かったのですが...給料は下がりましたがその分自分の時間が持てるようになり、趣味や勉強に使える時間が増えましたね。次にビルメンの仕事内容に付いて少し触れたいと思います。

ブラック企業 社畜必ず辞めると決断する事!ブラック企業の辞め方と準備について
今まさにブラック企業に働いてるって人も沢山居ると思うんですが...悪い事言わないので早く転職したほうが絶対イイです。僕もこのブログのトップページで書いてますが、...

 

ビルメンの仕事内容

ビルメン工具画像

ビルメンって言ってもどんな仕事をしてるかなんてよくわかりませんよね、そもそもビルで何してんだよっていう。ビルメンの仕事は主に...

✔電気、空調、設備の管理、メンテナンス
✔電気、水道、ガス等のメーターの記録、管理
✔不具合のある設備の保守、点検、業者手配
✔職場によっては警備や清掃の仕事も兼務

 

他にもビルであればテナントとの折衝業務や入館管理とかもあるかもしれません。実際は大きな設備や機械を自分達で全部修理するというよりは、点検をして異常があれば修理してみる→ダメなら専門の設備業者に修理依頼という流れになります。

設備の管理が主な仕事ですね、他にも建物内の空気環境や水道の塩素濃度の測定など結構業務は多岐に渡ります。

 

ビルメンに転職して良かった事

先ほども言いましたがまず自分の時間が持てる事、好きだったバンドのライブやアウトドアに休みの日は出かける事が出来ます。一昔まえなら全く考えられなかったw会社から呼ばれるんじゃないかと思って遠出は出来なかったですもん。

ビルメンは沢山資格を取るんですが(会社によって違うかも)社会人になって勉強するって機会がほとんど無かったのでこの資格取得の勉強が凄く面白かったです。1個資格を取得する度に数千円ですが手当が付きますし、資格を取得する度に自分に自信が持てる(ような)気がします。

自分のペースで勉強して試験費用は会社が負担してくれて、資格取ったら手当がもらえるのが結構魅力的でした!しかも取った資格は一生モノですからどんな資格であれ自分の財産となります。

今まで売上や客対応に追われていた時よりも時間がゆっくり過ぎているような感じですね、本当に自分の時間を手に入れた様な感じがします。

健康的な生活が送れる様になった

前の会社の事はさっき書いた通りなのですが、ビルメンに転職してからはほぼ残業も無く、夜勤などはあるものの昔に比べたら規則正しい生活になったと言えます。もう30歳も過ぎたのですがこの歳になってジョギングしたりジムに通い始めました。

時間があるので自分の趣味や健康に時間を当てる事が出来るんですよね、太って来たのでジムに通う。そんな当たり前な事も今まで出来ませんでした。時間が無かったからですね。

時間が無いと健康に気を使う事も出来ないかもしれませんが、ブラック企業から抜けた事で肉体的にも精神的にも自分の健康と向き合う時間が出来ました。

最近気がついたビルメンに転職して良かった4つの事
ビルメンに小売業から転職して3年が経過しました!これまでもこのブログで書いてる通りビルメンって仕事はデメリットも結構あります。給料安いし、夜勤は多いし、残業...

 

ビルメンに転職して残念だったこと

1つだけ残念だったのが給料が下がった事ですね、結構下がりました。入社当初の年収は300万位だったと思います。前の職は420万位だったので120万位下がった事になりますが、元々お金<時間で仕事を探していたので覚悟していた事でした。

というかあれだけ働いて420万ってのもどうかと思いますがw

ビルメンテナンス業全般に言える事だと思うのですが給料設定は低めの会社が多いんじゃないかなと思います。だからその分を夜勤や資格手当てでカバーするイメージですね。「ビルメンでガンガン稼いでやるぜ〜っ!」ってのは結構ハードル高いかも。

 

ビルメンへの転職は未経験でも大丈夫なの?

スパナ 画像

もしビルメンの仕事に興味があるなら気になるかもしれませんが、ビルメンは未経験でも採用しもらえるのか?という事です。答えはYESです(求人によっては経験者のみもありますが)そもそもビルメン業界では30代なんて超若手です。貴重!

新卒でビルメン業界に転職する人なんてほとんど居ないので30代は年齢だけでも採用してもらえる可能性が大いに有ります。現に私がそうでしたw資格も設備や建築の知識も何も持たないのに採用してくれたんです。

後ほどはっきり言われましたが採用理由は「若いから育てられる」でしたwウチの会社にはそういう未経験で採用された人が結構居ますよ。40代未経験で入社した人も結構居ますよ!

ビルメン業界は人手不足

私の会社以外にも周りの関連会社の話では設備業界全体が慢性的な人で不足のようで、即戦力の経験者だけを採用するんじゃなく、未経験の30代を積極的に採用して育てていく会社も多いようです。

実際私の周りでビルメンやってる人のほとんどが転職者ですし異業種からビルメンに来た人もホントに多いです。

学生時代に電気工事士やボイラー2級、危険物とか何かしらの資格を取得してる人は未経験でも更にアピール出来ますよね。昔取った杵柄じゃないですがちょっとした資格でもビルメン転職には有利に働くかもしれません。

転職には有利?ビルメン業界は慢性的な人手不足
ビルメン業界は慢性的に人手不足の状態です。理由は色々ありますが、これからビルメン業界に転職しようとしてる人から見ればビルメン業界への門戸は広く開けられている...

 

ビルメンに転職する際に気を付けたい事

一応ビルメンに入って3年が過ぎましたが、もしビルメンに転職するならコレは気を付けた方がイイって事を書いていきます。確かにビルメンは気非常に気に入ってるのですが最初の転職時に失敗すると痛い目を見るかもしれません。

建物に常駐するタイプのビルメンの方が良いと思う

ビルメンテナンスと言っても病院やホテルなど1つの建物に常駐する現場タイプと、複数のビルを請け負っていて1人で複数の現場を行ったり来たりするタイプ。

後者の場合は何かの作業や修理の度に担当の建物に行って立会いやビルオーナーへの説明、折衝業務や報告書の作成などやることが多いです。

その分給料が多いとかその辺は各社で様々だと思うのですが、もし自分の時間を大切にしたいのなら前者の常駐するタイプの方が自分の時間を持ちつつ、設備の知識を深めたり勉強したり出来るのでオススメです。

これは会社によって違かったり、そもそも昇格すると一人で複数の現場を持たされたりと選べない場合もあると思うのですが、僕の会社は常駐のタイプで、勤務する現場が変わる事はありますが、複数の現場を掛け持ちするような事がないので1箇所の建物に集中出来き、業務に忙殺されるような事はほぼ無いです。

求人広告やサイトでこの辺をしっかりチェックしておいた方が良いかも。

なるべく大きなビルメン会社を選択した方が良いと思う

なるべく大きい会社と言うとアレですが...ちゃんとした会社なら福利厚生がしっかりしていてボーナや残業代、休日出勤の手当などもちゃんと支給されるので安心出来るという事ですね。

先ほども言った通りビルメンは元々給料が高い職業じゃないので、せめて福利厚生がちゃんとしていないと後々大変だということ。

地元のビルメン会社とかはボーナスなんか出ないし、「求人情報に書いてある待遇と違う!」というトラブルもあるとハロー◯ークの担当の人に直接聞きました。今まで色々なビルメン会社に勤めていた人達も口を揃えて言う事ですね。

ビルメンの系列系と独立系ってどう違う?転職するならどっちがオススメ?
ビルメンに転職しようと情報を集めると出てくるキーワードが系列系と独立系という言葉。大きく分けてビルメン会社はこの系列系と独立系に分かれます。「なんだかよくわ...

ビルメンの求人はそんなに多くない

私が転職する場合もそうだったんですが1社見つけて良いなと思って履歴書を送っても中々受かりませんw別にビルメンじゃなくてもそうですよね。だけどビルメンの会社って求人自体があまり多くないんですよ。設備関係は結構あるのですが。

だからハロー◯ークとか行って1社1社探しても効率が悪いしそもそもビルメンの求人自体が無いかも。私が転職した時は求人サイトに複数登録して少しでも多くの会社をリストアップしてました。

なるべく多くのビルメン会社から自分に合った条件の会社を選んで応募する。基本的な事かもしれませんが絶対やった方がイイです。

特に地方だと求人の数はグッと下がりますからね。転職するならコレ結構大事かも。

要約するとこんな感じです。

複数の現場じゃなくて常駐するタイプの方が良い(と個人的には思う)

福利厚生がしっかりした会社を選ぶ。ビルメンは給料が低いからこそせめてそこはちゃんとする。

なるべく多くの会社をリストアップして自分に合った会社を探す。ビルメンの求人は多くない、特に地方

 

ビルメンはみんなにオススメの仕事じゃない

最初にも書きましたけどビルメンはみんなにオススメって訳じゃなくて、そもそももっと稼ぎたいだとか、やりがいや自分の個性を活かして仕事をしたいって人にはちょっと無理だしそもそも選択肢に入らないと思う。

僕がビルメンに入ってよかったって思うのも背景には前のブラック企業で働いた4年間があったからこそ自分の時間を持てるビルメンという仕事が魅力的に感じた訳で、ある程度ちゃんとした会社で働いていたらビルメンテナンス業界に入る事も無かっただろうし。

3年働いてみて自分に合っている仕事かと言われればそうでも無いよなって思うんですよね、元々設備とかよくわからないし勉強だって得意な方じゃないので。それでも仕事の環境やライフワークバランスの良さで今後もずっと続けていきたいなと思ってるんですよ。

僕が勝手に思う「こんな人はビルメンやってみたら?」って人はこんな感じです。

ブラック企業に勤めててもう辞めたい人

これは昔の僕と同じ環境の人、別にビルメンじゃなくても良いと思うけどビルメンをやってると元営業や飲食店などから転職してきた人って結構多い。

僕の働く現場も10人以上いるけど営業と飲食出身の人は結構いるし、お約束の過去の過労自慢はよく聞くw

全くの畑違いだからこそ意外と自分に合うって事があるみたいですね、僕は完全にこのパターンでした。もう売上や仕入れの事を考えなくて良いんだと思った時の開放感と言ったらもうね...

人付き合いが苦手な人

僕の勝手なイメージかもしれないけど設備業界、特にビルメンは変わった人が多い様に思うし、実際人間関係や対人業務が嫌だから設備業をやってるって人も結構居ます。現場にも寄るけど基本は設備の管理なので接客したりとか人と接する時間は少ないので、どうやってもサービス業とか営業とか無理って人は設備系の仕事は良いかもしれませんよ。

自分の時間を大事にしたい人

先ほども言った通りですが時間は有効に使えます。夜勤があるか日勤だけの勤務かにもよりますが、夜勤の後は必ず明け休みがありますし、その他に一般的には公休が月に8日位はあるはずです。

仮に一週間に夜勤が2回あった場合は明け休みが2回、公休が2回という計算になります。厳密には明け休みは完全な休日じゃないですが夜勤を行った分しっかり一日休める訳です。そうすると一週間で約4日間自分の時間が作れます。

ちなみに僕の場合だと月に7〜9回の夜勤、その他8〜10回の公休が毎月あるので、実質会社に出勤してるのは月の半分程度になります。もちろん夜勤をやってるので労働時間は長いですが、その分自分の時間も沢山あるんです。

この時間を使って資格の勉強をしたり、趣味の時間に使ったり家族サービスをしたり出来ますよね、個人的にもこの「時間」が今の仕事に転職した最大のメリットかなと思います。この時間を勉強に使う事ができれば通信制の学校だって入れますよね。

お金<時間 この価値観の人には結構良いかもしれません。もちろん全てのビルメンの職場がそうだとは思いませんからしっかり会社を選ぶ事は大事だとは思います。

ビルメン転職で失敗しない!その為に抑えておきたい3つのポイント
さてビルメンに転職するか→ハローワークへGO...これ爆死パターンです。ちょっと前は2ちゃんなどでも「ビルメン楽すぎ!」的なスレが立って【ビルメン=余裕】的な感じで...

 

最後に

ビルメンの仕事内容や資格の事、給料の事や日々の業務をつらつら書いていくだけのブログですが、ビルメンの仕事に興味がある方、同じ設備業界で働いてる方に読んで貰えればと思います。勢いで立ち上げたブログなので今後思いっきり方向がズレる可能性もありますがw
たまに読みに来てもらえれば幸いです。

あとこのブログは「ビルメンやればみんな楽出来るぞ」とかゆとりのある職場環境を保証するわけじゃないので会社選びや転職は自己責任でお願いします。ですが読んでくれた人の何かのきっかけになれば幸いです。またビルメンへの転職に興味のある人はコチラの記事もおすすめです。ビルメンへの転職を成功させるコツなども書いています。

失敗しない為に!ビルメンに転職するなら登録するべき転職サイト3選
転職をする際のサイト選びは効率が非常に重要です!なぜならより自分に合った会社を見つけるならなるべく多くの求人情報に触れて、自分の希望に合った会社を無数にある...

 ビルメンの求人を見てみたい人はコチラを

ビルメンの求人情報が余り多くないので効率良く求人を検索しないと中々自分に合った求人は見つかりません。ですが何社もの転職サイトに登録するのは...かなり面倒です。

このオールエンジニアという転職サイトだけでRECRUITマイナビDODAインテリジェンスハローワークなどの国内大手転職サイトを一括で検索出来るようになり、検索〜応募までをオールエンジニアで完結出来ます。

基本的に技術者や製造業専門の求人サイトですが、この技術者の中にはビルメンや設備管理の仕事も多く掲載されており、最初からある程度属性が絞られてる検索サイトなので検索効率がとてもイイです。

ビルメンや設備などの仕事を探しているのであればオススメの転職サイトですよ。

↓公式サイトはこちらから↓