>>管理人がビルメンに転職した経緯はこちら。このサイトをざっくり見たい方はあわせてどうぞ。

 

ブラック企業の体験談と辞めた方法

【ブラック企業体験談】給与の低いブラック企業について

投稿日:

※このブログでは実際にブラック企業で働いた人の経験談やブラック企業を辞めた経緯をネットで募集し、一般の方に書いて頂きました。

実際にブラック企業で働いていた方のリアルな体験談ですので、今も「ブラック企業を辞めたい!」「早く転職したい!」と思ってる人のヒントや手助けになればと思います。管理人

30代 男性

10人以下の零細企業ですが、その分野では業界五本の指に入る企業です。主に原料を卸す専門商社の業務をしており、営業として入社しました。
休みなどは多く、その点は働きやすいと感じていましたが、給与が非常に安く、勤続5年目で手取り15万を下回っていました。

上層部だけが高い給料で現場は薄給待遇

初年度は大学の初任給程度はありましたが、2年目以降は賞与があり増額すると思いきや、何故か月給を下がりその分を賞与に回すという離れ業をされました。(入社時入社時そんな説明一切無し)
その結果、手取りが13万下回りました。同僚、特に30台前半までの若い人も給与が低くどんどん辞めていきました。

ここで誤解しないで欲しいのは、この会社の経営状態が悪いのでは決してなく、事実、管理職以上は1000万を越えていました。要は若手は使い捨て程度にしか考えておらず、育てる気もなかったのでしょう。

オーナー企業で身内ばかり、というのもそれらを加速させていた要因と思われます。

転職を決意!離職時に誓約書にサインを促される

会社に金がないわけでなく、下っぱの給与が低いだけなため、50台社員がメインで若手は私以外いませんでした。その様な会社なので、私も辞める事を決意し行動にでました。

時間だけはあったので、転職活動を進め、内定が出てから会社に話をしました。
引き留めはやはりありましたが、転職先が決まっていたこともあり、また私の意思も固かったので無事辞めることが出来ました。ただ、辞める際に誓約書を書くよう言われ、それを断ると退職金が減りました。

具体的には、既存の顧客の引き抜きの禁止、同業他社に転職しないといった内容でした。今回の転職先は異業種だったため、その様な心配はなかったのですが、長い目でみた場合また転職する可能性はあり、その時に選択肢を狭めたくなかったこと、後は単に気にくわない部分もあったためサインしませんでした。

この件は退職後も尾を引き、特に退職金が減ったことについて弁護士通して話をするつもりでしたが辞めました。もう関わりたくなかったので。
今となっては強気に行けば良かったと思います。

マニュアルは無く社内規則もあいまい。モチベーションの維持が難しい

余談ですが、職場の雰囲気も微妙でした。

どんどん辞める若手に対し、給与の多い管理職達はやれ根性がないだの言っており、あまりいい気はしませんでした。(辞めていった彼らの気持ちが良く分かるので)

零細企業のためか、マニュアルなどは勿論無く、同じ仕事をしてもその日の機嫌によって怒られたり誉められたりで録に仕事もできませんでした。社内規則もあって無いようなもので、管理職達の井戸端会議で色々決まります。勿論給与の規定もないので、彼らが決めた額に左右されます。

この様な状況でモチベーションが上がる筈がありません。

休みが取りやすく、定時に終わるのは良いのですが、事務員のやる気がないため、残った仕事を営業や若手が残ってやることもしばしば。勿論、残業代などつきません。
独り身でも手取り13万は厳しいですが、結婚となると話は変わるので、皆さんその日のタイミングで辞められてましたね。

この様な環境で働くと、自分が何故働いているのか、自分の価値はものすごく低いものにしてはいないか、と日々考えてしまい、ストレスで寝不足にもなりました。ドンドン自信がなくなっていくんですよね。自分が必死こいて新規とったりして働いても、会社からこの程度の働きなんだよ、と言われてるようで。

なので、転職活動を通して、今の自分をこれだけの給与で採用する、と言ってくれるのは非常に嬉しかったし自信にも繋がりました。引き留めの時に強い意思で断れたのもそこが大きいとは思います。

ブラック企業に居ても未来は無い!もっと外に目をむけてみて!

皆さん、様々な環境で悩まれていると思います。私の場合、時間外労働などはそこまでなく、他のブラック企業にお勤めの方に比べてると、肉体的にも精神的にもまだ余裕があった方だとは思います。日々の仕事に忙殺され、転職する暇なんかない、という方のほうがほとんどだとは思います。

ですが、そこにいても未来はありません。自分の価値を無意味に下げてしまい、自信も持てなくなってしまうだけだと思います。生活状況など、個人で大きく違うので無責任な事は言えませんが、それでも、時間がないなら先に辞めてしまい、ゆっくり転職先を探すのも手だと思います。

その方がゆとりが出ますし、企業との面接日程を組みやすい、すぐに働けるなどメリットもありますしね。

何より若い人ほど自分の価値を無意味に安売りし、自信がなくなっている現状が勿体ないなと思います。今は転職支援の会社や、エージェントも普及していますし、以外と良い条件の仕事もあります。ならば、今いる企業という狭い世界だけでなく、もっと外に目を向けてみてもいいのではないでしょうか?

人生長い目でみれば、80年のうち1,2年無職でもなんとかなるもんです。それより、ブラック企業で心や身体を壊してしまったら一生引きずるかもしれません。
ならば、この機会に一度転職サイトを覗いてみるくらいはやってみても良いとは思います。

>>ブラック企業体験談まだまだあります。

こちらの記事も読まれています↓

今まさにブラック企業に働いてるって人も沢山居ると思うんですが...悪い事言わないので早く転職したほうが絶対イイです。僕もこのブログのトップページで書いてますが、...
タイトルの「元ブラック社畜」って良くわからないですねw要は「元々ブラック企業で社畜の如く働いてた」って事です。ビルメンに関する事を書いてるブログなのですが自...
「こんな会社絶対辞めてやるっ!」って常々思っていても、いざ転職するとなると...妙な罪悪感を感じてしまって後ろ髪をひかれる思いに浸ってしまう。これ僕の経験なんで...

>>ブラック企業のリアルな体験談はこちら

 

こちらの記事も読まれています↓

今まさにブラック企業に働いてるって人も沢山居ると思うんですが...悪い事言わないので早く転職したほうが絶対イイです。僕もこのブログのトップページで書いてますが、...

タイトルの「元ブラック社畜」って良くわからないですねw要は「元々ブラック企業で社畜の如く働いてた」って事です。ビルメンに関する事を書いてるブログなのですが自...

「こんな会社絶対辞めてやるっ!」って常々思っていても、いざ転職するとなると...妙な罪悪感を感じてしまって後ろ髪をひかれる思いに浸ってしまう。これ僕の経験なんで...

 

次の転職は失敗しない!

手堅くブラック企業を回避するなら紹介予定派遣を利用してみてはどうでしょうか?

紹介予定派遣は契約社員として働きながら、社内の雰囲気や労働環境を感じる事が出来ます。いきなり正社員になってまたブラックな会社だったら...。

そんな心配のある方におすすめな転職方法です。

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣に強いDODA

  • 履歴書の書き方から相談に乗ってくれる
  • 転職すべきかどうかの相談に乗ってくれる
  • 自分にピッタリの仕事を提案してくれる

DODAは次の転職へ向けてしっかりと上記の事をサポートしてくれます。自分ひとりで転職活動をしても次の会社の入社日調整をしなければなりません。

現在の転職者の多くは転職エージェントを利用しています。その中でもDODAは紹介予定派遣にも強く、サポートも手厚い大手転職エージェントになります。

10,000社以上の企業から自分にあった企業を提案してくれますよ!初めての転職でも安心して利用できる転職エージェントになります。

次の転職こそ失敗しない為にも、転職のプロにアドバイスをもらいながら転職を進めましょう。もちろんですが無料で利用できます。

リクルートエージェント

豊富な転職案件と幅広い業種

手厚いサポートで転職者をバックアップ

履歴書の添削や模擬面接も

✔40代50代の転職者にもおすすめ

キャリコネ転職サービス

10万件以上の求人案件が見れる

15社以上の転職サイトを一括検索

登録簡単ですぐに使える

✔気になる会社の口コミ、給料、雰囲気がわかる

-ブラック企業の体験談と辞めた方法

Copyright© 30歳でビルメンに転職した男のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.