ビルメンに転職する前に ビルメンの仕事内容

うちのビルメン会社に40代後半未経験の人が面接に来たときの話し

更新日:

今年の初め位かな?ウチの会社に40代後半位の男性が面接に来ました。

最初に結果から伝えるとこの方は不合格となってしまったのですが、面接前までは(履歴書みた感じでは)結構採用に前向きだったのですが...どうして不採用になったのかを書いてみたいと思います。

ちなみに僕は面接など人事には全く関わったいないのであくまでも聞いた話しを元にしています。でも40代でビルメンに転職を狙う人へ参考になればと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

40代後半で第二種電気工事士を持っててなぜ不採用になったのか

「結構な歳だからだろ」って言うかもしれませんが...年齢じゃないんです。

ビルメン業界は本当に人が足りないしウチの会社は本当に採用に前向きだったらしいです。むしろ40代ならビルメン業界では結構採用する会社も多いんじゃないでしょうか。

電気工事士も持ってたし、仮に60まで働くとしても10年以上は時働ける訳で..深刻な人材不足の我が社では結構貴重な応募だったんです。

業界はホント人手が足りてないんですよね...。

転職には有利?ビルメン業界は慢性的な人手不足
ビルメン業界は慢性的に人手不足の状態です。理由は色々ありますが、これからビルメン業界に転職しようとしてる人から見ればビルメン業界への門戸は広く開けられている...

 

1.コミュニケーション能力が著しく低かった

履歴書もキッチリ書いていて身なりもしっかりしていたんですが、面接の受け答えがカナリ印象が悪かったという話しです。

聞かれた質問に対しては「え〜....あの...」「いや〜...」という感じだったとか。

結構年配の設備員だと「人と話したくないからこの業界に入った」「機械を触っていたいからビルメンに転職した」という方も多いのですが..。

今は商業ビルだろうとオフィスビルだろうとビルメンはテナントやオーナーとの折衝業務は付き物です。

僕みたいな末端の作業員でさえ結構な頻度で設備トラブルの説明や工事日程なんかをテナント側に説明する事が多々あります。

最低限のコミュニケーションやプレゼン能力は必要かと思います。

話しが戻りますがこの面接に来た方は質問した内容に対しての返答がほぼ返せなかったそうです。これ40代とか関係無しに...

  • 「自分の長所は?」
  • 「今までどんな仕事をしてどんな内容だったのか?」
  • 「なんで前職を辞めてしまったのか?」

本当に最低限ですがこの辺↑を聞かれた時に受け答えは出来るようにしておいた方が良いかと思います。

僕がビルメン入社した際に聞かれたのはこんな事↓

ビルメンの面接で僕が答えた志望動機や使える例文、実際の面接で聞かれた事など
転職の際に必ず聞かれるのは「志望動機」これは今も昔も変わらないでしょう。で...ビルメンに転職するときなんて答えます?「2ちゃんで楽って書いてたから」「座ってり...

 

2.会社を辞めた理由をしっかり説明できなかった

一般的には転職回数が多い人はあんまり印象が良くないです。

ですが会社側も40後半の人を面接する訳ですから、それなりの転職経験があるであろう事は予測済みです。

大事なのは「なんで前職を辞めたのか?」という所をしっかり説明出来ないと「採用しても続かないんだろうな...」という印象を持たれてしまいますよね。

今回の方も「自分に合わなかった...」という様な感じの解答だったらしく、具体的な内容が聞けなかったとの事。ちなみに転職回数は5〜6回程。

転職(離職)理由はしっかり答えた方が逆に好印象じゃないかなと思います。

  • 労働環境が自分に合わなかったのか
  • 給与や待遇に不満が合ったのか
  • 仕事の内容が自分に合わなかったのか
  • 同僚や上司との人間関係が合わなかったのか
  • それともキャリアアップをしたくて転職しようとしているのか

この辺は採用する会社が一番知りたい所の1つじゃないかなと思います。

「弊社に応募された理由は?」なんて社交辞令的な質問じゃなくてもっと具体的な事を知りたいわけですよね。

ぶっちゃけ会社辞めるなんて金か人間関係か職場環境が劣悪かのどれかがほとんどだと思うので、ちゃんと説明は出来るようにしておきたい所です。

「いやー上司に腹たって辞めたったんすよw全然俺の話し聞いてくんねーのw」みたいなのはもちろんNGですよ

↑コレは本音でしょうけど上手く言い換え無いとダメです。

「上司と仕事の進め方で意見の違いがあったのですが、現場の意見を聞いてさえもらえず上司の一方的な仕事の進め方にフラストレーションが溜まっていたのは事実です。」(←例えばですよ。超適当)

なんにせよ会社を退職した理由があるわけですからそれを伝えないと採用する側も困惑しますよね。

 

雑談、余談に余裕は必要。年齢を重ねたなりの対応を

面接は何もガッチガチに詰めて行う訳じゃないので、面接官も何か気を使って気の和む様な話しを振ってきたりします。

そう言った時はある程度ざっくばらん(死語)な感じで余裕を持って話した方が良いかと思います。

緊張と緩和じゃないですがシリアスな所と自分の素というかオフの感じを少し出す余裕が必要かと。

というのも今回の面接に来た人はもうガチガチで....場を和ます為にかどうか知りませんが、面接した人が「◯◯さんのお宅の近くに凄い有名なラーメン屋さんありますよね、私良く行くんですよ〜◯◯さんは行った事ありますか?」的な質問したらしいです。

◯◯さん「あっ...いや...家からは基本出ませんので...。。。。。すいません..。」

面接官「あ...そうですか......。」どうにも会話がはずます気を使ったのが裏面に出た様子w

別に家から出ないのは良いけどもうちょっと肩の力を抜いて話しても良いと思うんですよね、若い20代の子ならアレかもしれませんが30代40代なら少し余裕を持って話しても良いかと。

まぁコレも最初のコミュニケーション能力の話ですけどね。

 

40代でもチャンスは全然あるけど20代や30代と同じなら若い方を採用するよね

最初も言いましたがビルメン会社は40代未経験でも採用する事はありますし、普通にイケると思います。(社員かどうかは別として)

ですが20代や30代と違う対応力というか折衝能力というか、そう言った「人柄」の部分にフォーカスするんじゃないかなと思うんですよね。

同じような人なら正直若い人を採用しますし、単に年齢だけで若い人より不利な点は否めません。

ですがビルメン業界も人材不足ですから40代でもビルメンの転職は他業種よりイケると思うのです。

今回の記事が参考になるかわかりませんが...少なくともウチの会社に応募してきた40代の方はこういった理由で残念ながら落ちてしまったようです。

 

逆にウチの会社ではコミュニケーション能力が高く、50代半ばで正社員で採用された方もいます。

結構めずらしい例だと思いますが、50代でも社員採用される訳ですから40代の人は可能性が無いって事は無いです。

ビルメンは採用の間口は広いと思いますよ!人手不足ですし。

参考までに以下記事もどうぞ!

50代未経験でビルメンに転職10年働いて辞めた井上さんの話し
先日退社した井上(仮)さんという65歳の方のお話です。井上さんは50代半ばで未経験からビルメン業界に入って10年勤めて退職されました。もし40〜50代でビル...

 

転職を本当に考えてる人だけ見てね↓

転職支援サイトを利用するのは今や当たり前で転職を成功させている人は平均4.2社を利用しています(リクナビ調べ)。ココではビルメンや設備管理に転職したい人はもちろんそれ以外でも幅広い職業に興味がある方へ向けたおすすめの転職サイト3つを紹介!もちろんですがすべて無料で利用できます転職はプロの力を借りるのが一番効率的です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ビルメン設備管理に転職するならチェックしたいサイト3選!

メイテックネクスト

技術系の転職案件に特化した会社

大手大企業の技術エンジニア多数

コンサルの半分以上がメーカー出身

ビルメンや設備関係の案件も充実

リクルートエージェント

豊富な転職案件と幅広い業種

手厚いサポートで転職者をバックアップ

履歴書の添削や模擬面接も

✔転職回数が少ない方におすすめ!

キャリコネ転職サービス

10万件以上の求人案件が見れる

15社以上の転職サイトを一括検索

登録簡単ですぐに使える

✔気になる会社の口コミ、給料、雰囲気がわかる

-ビルメンに転職する前に, ビルメンの仕事内容

Copyright© 30歳でビルメンに転職した男のブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.