ビルメンの仕事内容

ビルメンは楽な仕事?異業種から転職して5年働いた率直な感想

更新日:

ビルメン

ビルメンってみんなどういう仕事をしているか不明だと思うんですが、良く聞かれるのは「ビルメンって楽なんでしょ?」コレです。

今まで僕はいわゆるブラック企業で働いていましたが、そことの比較になると何とも微妙ですが...ビルメンとして働いて3年が過ぎました。

※早くも5年が過ぎようとしています。

率直にビルメンって仕事が「楽」なのかどうなのかを書いてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

精神的にビルメンは「楽」だと思う

設備関係従事者

まず今までのブラック企業の社畜経験から言うと精神的には本当に楽です。

休みは多いし、ノルマも無いし。仕事だから設備に関する責任は大きいですけど、それでも個人にかかってくる責任はそこまでじゃないと感じてますね。

ただしこの「楽」という感覚は僕の昔働いてたブラック企業と比べてですし、個人差やそもそも現場、会社によってビルメンも大きく違いますから参考までにどうぞ。

自分の時間が多い

ビルメンの休み

あくまで自分がやってきた仕事と比べてですが、一番感じるのは「自分の時間が多い」事。(会社や現場にもよるだろうけど。)

夜勤があるビルメンは本当に休みが多く、拘束時間は長いけどその分休みも多くてやりたい事が出来るようになりました。

ちょっとした旅行も行けますし、この休日が多いだけでも精神的にも肉体的にも本当に楽だなって感じます。

休みが多いと仕事と一定の距離感をおけるのが良いですよね、以前のブラック企業とい比べるとどこの職場も自分の時間を持てると思いますが、普通の職場と比較しても自分の時間は多く持てると思いますよ。

ビルメンってどれ位休めるの??って方はコチラの記事をどうぞ!想像以上の休日だと思いますw

コレが最大の魅力かも...ビルメンの年間休日や有給取得の実態
このブログで何度も言ってますが、僕がビルメンに転職した最大の理由が「休みが多い事」です。休み目当てでビルメンに転職したと言っても過言じゃありませんw今まで散...

ビルメンは数字ノルマが無い

ビルメン ノルマ

小売業やってましたんで売上や利益の目標は必ず付いて回りました。

上司からのプレッシャーもすごかったし。そう言った意味ではビルメンって数字ノルマが無いんですよ、少なくとも現場の設備員のウチはですが。

まぁ偉くなったら色々ありますよね、どんな仕事も。とりあえず作業着を着ている時点では数値目標やノルマはありません。

でも数字じゃないけど資格は取らなきゃいけないですね、ビルメンとして最低限の資格取得はウチの会社の場合はある意味ノルマですよ。

電気工事士1回落ちた時とかなんかみんなの視線が痛かったですもんwベテラン設備員とか電験3種とか持ってますから。僕は電験とか取得出来ないと思うけど。

ビルメンになったら最低限必要と思われる資格は以下の4点セットですね。

ビルメンに最低限必要な資格?4点セットの勉強方法と難易度など
ビルメンに転職するには別に資格を持ってなくても未経験でも転職できますが....。持っていれば転職に有利になる、もしくは入社後に必ず取得する国家資格が4つあります。...

空調や電気に支障があれば施設が運営出来ないプレッシャーはそれなりにある

深夜のオフィス残業

ビルメンに転職して一番最初に言われたのが「褒められにくい仕事だぞ」ということでした。

どういうことかというと、いつも当たり前に動いている設備が今日も当たり前に動く事、施設の利用者に快適な環境を提供することがビルメンの最大の目的ですから「当たり前の環境つくり」を続けて行くことが大前提です。

ですから設備の故障でエアコンが使えなかったり電気が使えなかったりすると凄まじいクレームだ予想されます

そりゃそうですよね、ビルに入ってるテナントや利用者は家賃なり利用料を払って施設を利用してるわけですから。最悪コチラの過失で営業出来ないとなれば賠償責任の話も出てきます。

そう言った意味では売上やノルマ達成のプレッシャーは無いんですが...「施設当たり前を維持していく事」「万が一空調や電気が使えなくなったら」そんな事を考えると質の違うプレッシャーが掛かるもの事実ですね。

現役ビルメン作業員が思う「ビルメンテナンス業のやりがい」
ビルメンをやってると正直あんまり変化の無い毎日に段々と慣れてきます。その後モチベーションの低下、注意力の散漫と変化が少ない分刺激が足りないのでダラけてしまう...

 

肉体的にはそんなに「楽」ではないよ

ビルメン作業員

激しい肉体労働があるわけじゃないけど、夜勤がある所は最初は結構しんどいと思うんですよね。

夜勤が無い所もあるでしょうけど、ウチの職場は夜勤というか、宿直があって拘束時間は24時間。その分休みも多いんだけどやっぱり慣れるまでは結構疲れますよ。

現場によっては仮眠室とかあって他の夜勤と交代で勤務する所もあるでしょうけど1日中働くというのは結構しんどいです。

慣れればどうって事無いかも知れないけど健康管理や昼夜逆転の意味では最初苦労するかもしれませんね。

それでも昔の社畜時代と比べると肉体的もかなり楽なのは間違い無いですが...。休めるし。

あと肉体的に楽かどうかの前に夜勤や宿直に対してアレルギーというか、絶対やりたくないって人もいますよね。ビルメン転職する際は勤務時間や夜勤、宿直の有る無しもチェックしときましょう!

以下ではビルメンの1日を記事にしています。改めて読み直すと...楽ですよねやっぱりw現場によるでしょうけど。

ビルメン作業員の1日(宿直)の仕事内容を時系列でならべて行く
とあるビルメン作業員の一日の作業内容を書いていこうかと。僕の事なのですがw「ビルメンの人って1日なにやってんの?」とか言われるので書いていこうかと思います。楽...

 

金銭的には絶対「楽」じゃないよw※ウチの職場の場合ね

ビルメン 年収

実はビルメン入って一番苦労したのが給料

30歳で入社して年収100万以上下がりましたwそもそもビルメンに転職したのはお金<時間の仕事をやろうと思ったからなんで、覚悟はしてたし今は少し給料増えたから良いんですけど。

さっきの夜勤の話じゃないけど収入面でも夜勤や宿直があった方が給料は高いですよ。手当が付くので。

ただビルメンやって最初からガンガン稼いでやるぜー!!とか思わない方が良いかもしれません。コレも転職する会社によるんだろうけど全体的に給料は少ないと言われてます。でもお金よりも時間を大事にしたい人にはビルメン良いかもしれませんよ!

ビルメンの年収は?働く前に知っておきたい収入や資格手当の話
ビルメンに転職しようか考えてる人の中で一番気になるのが年収や月収、ボーナスなどお金の事じゃないでしょうか?私の場合はお金よりも休日が多いのに魅力を感じてビル...

 

要約すると

  • 精神的なプレッシャーが少ない、数値目標、ノルマが無い
  • 肉体労働は無いけど夜勤や宿直は慣れるまで疲れる
  • 給料は安いから覚悟するべし

3年働いた感想はこんな感じ。

人によって感じ方は違うかもしれないけど、夜勤や宿直があったとしても昔の職場環境から比べれば僕は凄く好きだし、精神的な余裕があるのは多少肉体的にも金銭的にもキツくても全然平気です。

ただ出世して偉いポストに付く事になれば仕事の質も変わってくるんだろうけど...僕にはまだまだ関係ないw

ビルメンに転職!その前に知っておきたいビルメンの仕事内容
皆さんはじめまして!このサイトの管理人です。30歳でブラック企業からビルメンに転職、現在転職5年目、現役のビルメンテナンス会社で働いています。このブログは「ビル...

あとビルメンは40代や50代の方も結構採用されます。正社員での雇用も多いです。それもビルメン業界の特徴かなと思っています。40代後半、50代で転職を考えている人はこの辺の記事もどうぞ↓

うちのビルメン会社に40代後半未経験の人が面接に来たときの話し
今年の初め位かな?ウチの会社に40代後半位の男性が面接に来ました。最初に結果から伝えるとこの方は不合格となってしまったのですが、面接前までは(履歴書みた感じ...
50代未経験でビルメンに転職10年働いて辞めた井上さんの話し
先日退社した井上(仮)さんという65歳の方のお話です。井上さんは50代半ばで未経験からビルメン業界に入って10年勤めて退職されました。もし40〜50代でビル...

ビルメン転職を検討の人はチェック↓

ビルメンの仕事に興味を持ったなら以下の記事も読んでみて下さい。ビルメンへの転職(特に系列系)はあまり求人案件が無いんです。こちらではビルメンへ転職する際に役立つサイトを紹介しています。

>>失敗しない為に!ビルメンに転職するなら登録するべき転職サイト3選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ビルメン設備管理に転職するならチェックしたいサイト3選!

メイテックネクスト

技術系の転職案件に特化した会社

大手大企業の技術エンジニア多数

コンサルの半分以上がメーカー出身

✔40代までの人におすすめ!

リクルートエージェント

豊富な転職案件と幅広い業種

手厚いサポートで転職者をバックアップ

履歴書の添削や模擬面接も

✔40代50代の転職者にもおすすめ

キャリコネ転職サービス

10万件以上の求人案件が見れる

15社以上の転職サイトを一括検索

登録簡単ですぐに使える

✔気になる会社の口コミ、給料、雰囲気がわかる

-ビルメンの仕事内容

Copyright© 30歳でビルメンに転職した男のブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.